ブログ

雑司ヶ谷で欲しい暮らしを手作りで手に入れる

今、らいおん建築事務所で二つのプロジェクトを進めようと思っています。

一つは、雑司が谷の一戸建てのプロジェクト。一戸建てといってもクライアントから新築住宅の設計依頼があったわけではありません。このエリアには、再建築不可物件や借地権物件などは、住宅ローンがうまくつかずに流動化を妨げている古い空き家案件をみかけます。これらを取得する仕組みを考えて、雑司が谷でも「リノベーションで仕事をつくる」取り組みををやってみようと思っています。若い世代の住み手と彼らの職場をまちなかにどんどんつくることで(つまり住んで働く人を増やすことで)雑司が谷に店を増やし、まちに来る人を増やすことで、エリアの情報発信力を高めれば、この街で商売したい人を増えるだろうし、結果エリアの不動産価値が高まると思います。

そうすることで、この古い木造密集地の町並みを守りながら、昼間の若者居住者を増やすことで、コミュニティをさらに活性化し、人間主体で火災や震災などに対してエリアの防災機能を高めることができると思います。

一戸建て住宅の建っている借地権を取得して、これを住みたい人が自由に内装を手作りで作って住める賃貸住宅にしようと思ってます。いわゆる不動産オーナー業を始めます。

もう一つは、目白のマンションです。ここもDIYでハンドメイドの暮らしを手に入れたい人のためのオーダーメイド賃貸住宅として企画しています。不動産オーナーから借り受けた部屋を住み手と一緒に作る転貸型のリノベーション事業を展開しようと思ってます。

これら二つのプロジェクトを通じて、目白雑司が谷界隈の空き物件を再生しながら、リノベーションで住んで働く人を増やして仲間を増やしたいと思っています。