WE ARE

らいおんフレンズ

「らいおんフレンズ」は、組織ではありません。
遊び心と自由さを持ったメンバーが集まる、やわらかなチームです。

らいおん建築の「モノ・ゴトづくり」には
設計にとどまらない、さまざまな専門性が必要です。
そこで、私たちの考え方に共鳴するさまざまな分野のプロたちと
パートナーシップならぬ「フレンドシップ」を結んでいます。
プロジェクトごとに必要とされる職能を持ったフレンズが、
らいおん建築とともに問題解決にあたります。
共感から生まれるコラボレーションと、ともに楽しんで仕事をすることによって
最大限のパフォーマンスを発揮することを大切にしています。

また事務所スタッフが独立する際はフレンズとして協働関係を保つことで
段階的な独立を支援し、すぐれた人材の輩出を目指します。

 

フレンズ


三浦 雅美 | Masami MIURA(子育て中の主婦・マネージャー)

1983年生まれ。福岡県北九州市八幡西区出身。福岡県立小倉高等学校卒業。長崎大学経済学部総合経済学科卒業。株式会社積水ハウスに総合職営業職として8年勤務。営業成績トップを取り続ける。新築のアパートを建て続けることに疑問を感じ、インテリアの仕事を1年弱してみたが、納得がいかず、娘の保育園の父母会長だった嶋田の仕事に対する情熱に感化され、大企業を辞め、らいおん建築事務所と北九州家守舎の仕事を手伝うようになる。東京で子育てをしながらも、高校時代に愛したまち小倉魚町の再生の仕事に携われることを喜びに感じながら雑司が谷のまちで働いている。

 


石神夏希|Natsuki ISHIGAMI(文筆家・演劇作家)

1980年東京生まれ、鎌倉育ち。慶應義塾大学文学部卒、同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。1999年より横浜を拠点とした劇団、ペピン結構設計にて脚本・演出を担当。2002年『東京の米』にてかながわ戯曲賞最優秀賞受賞。元銀行、古いテナントビル、ワンルームマンション、シェアハウス、古民家、北九州市小倉の商店街を舞台とした移動型演劇など劇場外の場所での上演に取り組む一方、個人ではCOLUMBA(コロンバ)名義で住宅・建築を主なフィールドに取材記事、広告、随筆、論文、物語など横断的に企画・編集・執筆活動を行う。演劇と建築周辺を行ったり来たりしながら「場所」の持つ力を探求している。座右の銘は「他力本願」。

ペピン結構設計


水野 祐 | Tasuku MIZUNO (弁護士)

シティライツ法律事務所代表。アーティスト・クリエイター等を支援する法律家によるNPO “Arts and Law”代表理事。著作権を柔らかく考えるライセンス体系の普及を目指す”Creative CommonsJapan”、ものづくりにおける法的問題や仕組みを考える”FabCommons (FabLab Japan Network)”、生活における音楽との新しい出会いを創出する”LiFE TONES”などにも所属している。主にクリエイティブ・IT分野の法律・契約等のアドバイス・コンサルティング業務に従事しつつ、多様な課外活動を通して、カルチャーの新しいプラットフォームを模索する活動をしている。

シティライツ法律事務所


山内 真理 | Mari YAMAUCHI(公認会計士・税理士)

公認会計士山内真理事務所代表。1980年千葉県生まれ。一橋大学経済学部卒。有限責任監査法人トーマツを経て、2011年公認会計士山内真理事務所設立。会計・税務・財務等の専門領域を通じて、文化を下支えするとともに、多様な文化活動の促進に貢献することを目指している。次代を担う表現活動や創造活動が醸成する土壌を整えるため、専門知識やノウハウの編集、双方的な学びの場作り、協働等のあり方を探る。文化が産業と融合し広く社会に普及し、発展し、継承されるため、会計専門家として出来うることを日々模索している。

 


三浦 美樹 | Miki MIURA(司法書士)

チェスター司法書士事務所代表。1980年静岡県のお茶処生まれ。24歳のころより司法書士を目指し、法テラスで法律に関する相談を受けながら平成19年司法書士試験合格。2011年相続手続きをメイン業務とするチェスター司法書士事務所開業。出会いとご縁を何よりも大切にする、直感型の司法書士であり、女性ならではの視点で、難しい手続きをわかりやすく丁寧に説明することを心がけている。一番好きな時間はコーヒーを飲んでいる時間。

チェスター司法書士事務所

 


李 スンミン | Seunming LEE (秘書/リノベリング所属)

1987年韓国昌原(チャンウォン)生まれ。延世大学工学部都市工学科卒、東京大学大学院都市工学専攻博士過程に在籍。都市計画を専攻し、文化クラスターによる自立的なまちづくりの研究を行っている。嶋田が韓国ソウルのソンミサンマウルの視察に訪れた時通訳と現地のコーディネート役として随行。ソウルのワインバーで無理やり秘書にされる。リノベーションスクールのユニットマスター陣や全国のまちづくりのプレイヤーの実践を調査、研究の材料にしている。

 

 

代表

嶋田洋平 | Yohei SHIMADA

株式会社らいおん建築事務所代表取締役。株式会社北九州家守舎代表取締役。株式会社リノベリング代表取締役。株式会社都電家守舎代表取締役。東京理科大学の小嶋一浩先生の研究室で学び、株式会社みかんぐみでチーフアーキテクトを努めた後、らいおん建築事務所を設立。事務所名は、かつて父方の祖父母が北九州市八幡の黒崎で営んでいた「らいおん食堂」から拝借したもの。母親の親戚は今でも小倉で「光来軒」というラーメン店を営む飲食商売の家に育つ。常に日常に目にしたものをデザインのきっかけにするように心がけている。普段目にしている事、多くの人達が普段常識だと思っている事を、ちょっと疑ってみることから始めるようにしている。