Houses/住宅

白山の家 / House in Hakusan

8


築40年の木造住宅のリノベーション。 施主は30代の夫婦で、グラフィックデザイナーであるご主人のデザイン事務所スペースを持った住居を所有したいというオーダーに、中古の一戸建てのリノベーションを提案しました。

不動産は、斜面地の擁壁のある敷地にある建物付きの土地として販売されていましたが、過去の所有者の数回にわたる増改築によって、敷地外への越境や、法定建ぺい率や容積率をオーバーしている状態で、ローンがつかない状態だったのを、減築によって適法化させることで金融機関のローンをつけました。新しい住み手の生活と家族構成に合わせ建物の減築を行うことで、周囲の空地を建物の外部としてうまく取り込めるようになり、住宅密集地において、通風と採光を向上させ、内部と連続する気持ちのよい庭とテラスを手に入れた。

旦那さんが自宅で仕事をすることと二人ともお風呂が好きで浴室にいる時間を大切にしたいこと。 知人を自宅に集めて食事をする機会が多いこと。 これらを考え、風呂部屋、トイレ、キッチンといった、水回りをカラフルなワンボックスにおさめて、残りをひとつながりのワンルームで計画し、 カラーリングはデザイナーである施主夫妻とのコラボレーションで計画しました。

通常、こういう土地は、新築を前提に販売されているため、今回のケースでは新築住宅の確認申請を行なう際には擁壁の作り替えが必要になるため、建物の解体費用と擁壁の作り替え費用分を割り引かれた価格で販売されていました。既存建物を減築しリノベーションし活用することで、大きなコストメリットを出して都心に一戸建ての住宅を所有することを可能にしました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13 14 15

改修前の写真
RIMG0139RIMG0089RIMG0057

この作品ページに掲載されている写真等のコンテンツの著作権はらいおん建築事務所および中村 絵に帰属します。
著作権法上認められた場合を除き、無断で転載、複製することはできません。


竣工年:2010年
所在地:東京都文京区 / site:Bunkyo-ku Tokyo
用途 :住宅
規模 :100m2
構造 :木造 /  Structure:wood
撮影 :中村 絵 / photo: Kai Nakamura
掲載誌 : LiVES.VOL54