2005.04.15

新築

小文字の家

50代の夫婦と母が暮らすための木造戸建て住宅の新築

新築設計

50代の夫婦と母の3人の暮らす住宅である。北側に眺望の広がる南側斜面の傾斜地に建つ。約12mの正方形平面を分割し、斜面の豊かな緑を借景とする奥の庭に面したリビングに玄関から和室を通して抜けるような空間とした。 日中を過ごさない個室は夜間の眺望を優先して北側に配置し、それぞれの部屋は方形屋根の庇の下に建物をL字に取り囲む縁側でつないだ。

竣工年:2005
場所:福岡県北九州市
用途:住居
主要構造:木造
規模:100㎡
撮影:らいおん建築事務所